【CFD取引】日経平均とダウ30種平均をXMで取引するときの注意点

XM

東証1部上場2000銘柄のうち

 

ユニクロ(衣類)、ソフトバンク(通信)、ファナック(電気機器)などの225銘柄の平均から修正し算出される日経平均株価と

 

ボーイング(航空機)、Apple(IT)、ゴールドマンサックス(金融)などの米国経済を代表する30銘柄で構成されたダウ工業株30種平均は

 

TOPIXやS&P500と合わせて両国の経済活動の盛んさを測る一般的な株価指数である。

 

これらの株価をXMで取引する方法と利益を得る方法を考察する。

スポンサーリンク

気配値の表示方法

日経平均株価(以下、日経225)とダウ平均株価(以下、ダウ平均)はMT4では、

f:id:tablet8:20180207113625j:plain

【Japan 225 Index Cash】【Wall Street 30 Index Cash】と表される。

 

株価には現物と先物の二種類がありこれら二つは原理上ほぼ価格差は生じない。

f:id:tablet8:20180207114824j:plain

先物取引は限月が-MAR18(2018年3月の意味)のように記載され期限が来ると必ず決済しなければならない。

 

そして、先物の表記は新しいもの(-JUN18)と入れ替わる。

 

この二つの特徴をまとめてみるとこうなる。

スプレッドスワップ決済期限
先物広いないある
現物狭いあるない

敢えて先物を選ぶ理由はない。

 

日経225の取引時間

取引開始-終了第二取引開始-終了
日経22501:05-23:1523:30-23:55
ダウ平均01:05-23:1523:30-23:55

これはサーバ時間なので日本時間7:05-翌5:15と5:30-5:55

 

金曜日だけ終了時間が早く日本時間で翌土曜の朝5:10に終了する。

※夏時間で計算。冬時間なら1時間遅い。

スポンサーリンク

証拠金計算

CFD商品の証拠金計算は888倍のレバレッジ口座を使っていても別の倍率になることに注意。

 

証拠金率がそれぞれについて決まっている。

証拠金率レバレッジ換算
日経2250.5%200倍
ダウ平均1%100倍

関連リンク

FX証拠金計算ツール

取引サイズ

CFD商品はLotの概念もドル円などとは違う。

 

日経225の1Lotは1単位を意味する。

 

つまり日経225の1Lotは17,000円とか18,000円になる。

 

取引はこれの0.5%の証拠金で良いから85円~90円程度になるというわけだ。

XM
スポンサーリンク
この記事をシェアする
おにくをフォローする
Trading Book
全58ページT-Bookプレゼント

筆者の3年間のトレード経験と相場観の全てを詰め込んだ一冊。
負けトレードから勝ちトレードに変わる相場の見方を解説しています。

◎トレードルールの立て方が分かる
◎順張りと逆張りの使い方が分かる
◎驚異のラインブレイク手法を収録
◎筆者のトレード手法の公開

100名様限定でプレゼント中。
追記:10/19・11/26

スポンサーリンク
おにく式トレードラボ

コメント